住宅を長く住み続けるためには購入前に住宅診断をする

優良な会社の選び方

八千代市で不動産の購入・売却を検討する際は、優良な不動産会社探しが重要になります。インターネットを活用して、なるべく多くの情報を集めましょう。また、アフターサービスの確認をすることも大切です。

もっと読む

瑕疵担保責任とは

メンズ

住宅に長く住み続けるためには、住宅の状態を把握しておくことが大切です。新築の住宅であれば、築10年までは瑕疵担保責任が適用されます。瑕疵担保責任とは住宅に不具合などがあった場合に、無償で修繕してもらえるというサービスです。住宅診断会社のサービスを利用して、住宅の状態をみてもらいましょう。もし、不具合があるのであれば瑕疵担保責任を利用して早急に修繕することが大切です。中古で住宅を購入した際も、瑕疵が判明してから1年以内は売主が責任を負う必要があります。1年以内に住宅診断を行なうことで、住宅の保全への効果が期待されるのです。住宅診断を依頼するタイミングは住宅の築年数などで決まります。新築住宅の場合は、購入申し込み前に住宅診断を依頼しましょう。購入手続きを行なう前に住宅診断することで、欠陥を事前に発見できます。申し込み前であればキャンセルができるので、トラブルを最小限に抑えることが可能になるでしょう。また、購入前の時点で欠陥が見つからなかった場合でも、契約書に瑕疵担保責任の旨を記載してもらうことで、いつ何時起こるか分からないトラブルにも早急に対応できます。築年数が経過している住宅はリフォーム前に住宅診断を依頼しましょう。住宅の基礎から診断して、劣化の進行を把握しておくことで、正確性のあるリフォームプランを設定できます。住宅の健康を維持しておくと、売却時も高額で買い取ってもらえることが期待されるでしょう。

スムーズに問題解決

債務の返済が滞ってしまった方は、抵当権が摘要される前に任意売却の相談をしましょう。競売よりも高く売却することで、無理のない返済プランが設定できます。そのためにも、早期に不動産会社へ相談することが求められるのです。

もっと読む

内覧の持ち物は大切

入間の不動産物件を内見するというのであれば、デジタルカメラやスマホ、携帯などで写真を撮っておけば、後で検討できて便利ですし、太陽の光は方位磁石で確認しましょう。ですが、念のため担当者に許可をもらってからやるようにしておく方が無難です。

もっと読む